MENU

レビサウンドを購入してみよう!音質評価&販売サイトなど

『宙に浮くスピーカー』

 

未来を感じさせるロマン溢れまくりのガジェットとして話題のレビサウンド!

 

購入するには?
販売価格は?
肝心の音質は?

 

などなど気になるところを調べてみました!
参考になれば幸いです。

 

レビサウンド

レビサウンドとは

レビサウンドとは、KEN LLP(KEN有限責任事業組合)がクラウドファンディングで2700万円の資金を集めて開発したBluetoothスピーカーです。

 

 

電磁石の力によってスピーカーが台座の上をくるくると回転しながら浮くという、遊び心満載のガジェットなのです。

 

現在のスマートフォンの標準的なBluetooth4.1を採用し、ほとんどのスマートフォンから、無線接続して音楽を再生することが出来ます。
浮いているのはただの演出ではなく、宙に浮くことにより歪みや振動を徹底的に減少させて音質を向上させる効果もあるのです。

 

ただのスピーカーではなく、「そこにあるだけで演出になる」スピーカーを目指して開発されました。

 

自分だけの空間に配置するもよいですが、
友人達のパーティBGMを流すのに、これ以上に適したスピーカーは無いでしょう!!

 

レビサウンドは公式サイトで販売中

レビサウンド

クラウドファンディングで制作されたレビサウンド、
あまりの人気のために一時期入手困難となっていましたが、現在は公式直販サイトで販売されています。

 

直販サイトはコチラをクリックして購入画面に進んで下さい。
現在、ホワイト、ブラックともに注文が可能な状態です。

 

また、出荷も2〜3日以内となっており、すぐに手に入る状況。
購入するのに会員登録は不要で、PAY IDも使用できます。

 

>>レビサウンド公式サイトはこちら

 

レビサウンド 音質はどうだ?

『宙に浮くスピーカー』ということばかりが話題になるレビサウンドですが、
スピーカーである以上、音質も重要です。

 

レビサウンドは円形の全方位型スピーカーとなっており、
見た目的にはソニーのSRS-X1とかなり似ています。
ちなみに、直径は両者とも78mmで全く同じ大きさになっています。

 

KEN LLP

レビサウンド

SONY

SRS−X1

 

 

出力

3W

出力

5W

 連続再生時間

8時間

 連続再生時間

12時間

 実売価格

¥15,984

 実売価格

¥8,800前後

 

ご覧のように、スピーカーとしての性能だけならSONYの圧勝となります。
まあ、企業の規模が全く違いますから、ここは比べるべくもないですね。

 

やはりレビサウンドは『宙に浮く』という面白さが第一の魅力と言えそうです。

 

レビサウンド

ただし、音質の方も悪くはなく、少なくともEDM系のベース音も十分再現できているレベルです。
個人的に好きなトランス系やアニソンなどの電子音もよく鳴っています。

 

「宙に浮くことで振動や歪みをなくす」と謳っていますが、たしかに他の3W級スピーカーと比べたらいい音だと思います。
ただの3Wスピーカーなら5,000円程度でも買えると思いますが、
レビサウンドの面白さに15,000円を出せるかが判断のポイントになりそうですね。

 

レビサウンド

う〜ん、この未来感!

たまりませんね(・∀・)

 

また、スピーカー底面に磁石がついているため、いろいろな場所にくっつけられるというメリットもあります。
天井に金属があれば、即席のフライングスピーカーにも!

レビサウンド

 

設置場所の自由度が高いというのは、パーティ用スピーカーとしては実用度も高そうですね。

 

スピーカーにはmicroUSBポートがあり、ベースがなくても単体で充電が可能です。
typeCではありませんのでご注意を。

 

レビサウンド
また、Bluetoothでスマホを接続中は、ハンズフリー通話も可能です。
着信した場合は英語で番号を読み上げてくれる機能もあり、
通話ボタンは浮いた状態でも押すことが出来ます。

 

ちなみに、全方位型となりますので、
クルマの中に置く場合は、ダッシュボードの上ではなく座席の間などのほうが良いでしょう。

 

ドアポートのスピーカーだと、大音量にしたときに音漏れが心配ですが、
車内中央なら、その心配も少なくなります。

 

良い感じに反響して、カーステレオよりもライブ感が楽しめますよ♪

 

レビサウンド
そこにあるだけで演出に・・・
休日や仕事の合間に・・・
夜、部屋を暗くしてお酒を飲みながら・・・
心が和む至福のひと時が得られます。

 

またパーティーのBGMに・・・
みんなに受けること間違いなしです! !

 

>>レビサウンド公式サイトはこちら

 

レビサウンド 浮かない?

宙に浮くことが1番の売りであるレビサウンド。
でも、ネット上で口コミを見ていると、「浮かない」という声も結構ありますね。
それは大問題ではないか!?

 

やってみると、たしかに浮かせるのにはちょっとコツがあります。

公式You Tubeで浮かせ方の動画がありました。

https://youtu.be/9XXO4ts-_6U

 

ポイントとしては、
・ベースに電源を入れる
・スピーカーをベースの中点から10cm程上で、しっかり両手で持つ
・スピーカーをゆっくりと下降させる
・ベースから15mm程度上にて強い力を感じる
・ゆっくりと手を離して、浮揚させる
・浮揚後に軽く球体を回転させる

 

ベースに電源を入れて磁力を発生させてから、
スピーカーを手でもって、強い浮力を感じるところまで持っていくことですね。
その後、ゆっくり手を離して浮いたら、軽く回転させてあげると、安定して周り出します。

 

なお、ベースは電磁石で強い磁力を発生させますので、
磁力に反応するメタル類は側に置かないで下さい。

 

PC、スマホ、電子機器、フラッシュメモリ類、クレジットカード、ICカード類も、ベースから最低20cmは離して下さい。

 

レビサウンドは浮くのが売りのスピーカーですから、浮かなければお金の無駄です。
ちゃんとやれば必ず浮きますので、扱い方には慣れてくださいね♪

 

>>レビサウンド公式サイトはこちら